遺品整理で川崎まで来た

川崎の遺品整理ならいいとこがある

人口第8位の川崎市の遺品整理業の必要性

人口第8位の川崎市の遺品整理業の必要性

川崎市は日本の市の中で現在人口第8位なんだとか。

東京23区などの区は除くようですが、それでも多いですよね。

人が多いということは、一人でひっそり住んでいるような人も多いんだろうなぁ。

一人で住んでいるということは亡くなった時もなかなか気づいてもらえない可能性があるということ。

また、一人でひっそり住んでいるということは身内の人はおらず、居たとしても交流がないということ。

そんな人の遺品なんかは引き取り手がおらず、困ることになりますよね。

そうゆう時役に立つのが遺品整理業です。

遺品整理業という言葉は少し前まではあまり聞きませんでしたが、今は沢山の企業があるんですね。

相当なゴミ屋敷でもなければ1日で終わるようです。

遺品整理から片付け、清掃までやってくれるんだとか。

これからどんどん日本の高齢化が進んでいく中で、人口がどんどん増えている川崎市は孤独死というものが増えていくでしょう。

これからますます遺品整理業の必要性が増していくでしょうね。

川崎市の姉妹の遺品整理

ちょっと前にテレビで遺品整理の話題が取り上げられていました。

両親が亡くなった家、子どもは姉妹で既に嫁に出ていた為、家の引き取り手がおらず遺品整理に困る姉妹の話でした。

確か川崎市の話だったかな。

姉は家を残しておきたいと言うのですが、妹は管理も行き届かないし、自分たちが住むわけでもないし遺品を整理して家を売りたいと言っていました。

結局プロに相談して、遺品を整理し、いらない物は捨てて家を売りに出すことにしたようでした。

そんな中で収穫は、箪笥の奥に眠っていた懐かしい写真を見つけられたことと、両親の色んな思い出の品を見つけることが出来、とてもいい形見の品を見つけられたことでした。

一緒に遺品整理をしていく中で、その川崎市の姉妹達の心もだんだんと整理がついて行き、最後は頼んで良かったねということになりました。

川崎にて遺品整理を発注

遺品整理というと、私は孤独死のイメージが強く、引き取り手のない荷物を引き取ってくれるイメージだったのですが、こうして自分の肉親の遺品の整理を手伝ってもらうということもあるんだなと思いました。

自分たちだけでは心も荷物も整理できない場合、とてもいいものなのかも知れません。

Comments are closed.

© 2015 遺品整理で川崎まで来た